初めての方向け!猫カフェのルールはこちら>>

猫カフェのマナーって?初めての方が抑えたい注意点とルール

猫

まんまるの目にプニプニの肉球。

そんなかわいい猫に触れ合える猫カフェは、今では人気の癒しスポットになっています。

老客男女問わず人気な猫カフェですが、実は注意してほしいルールやマナーがいくつかあります。

しっかりルールを守らないと、周りから白い目で見られたり、猫に嫌われたりしてしまうことも…。

せっかく猫カフェに行くのなら、楽しい思い出を残したいですよね。

そこで今回は、次の内容について紹介していきます。

  • 猫カフェのルール・マナー10か条
  • 猫にモテるためのテクニック

初めての猫カフェを楽しいものにするためにも、事前にマナーをしっかりと頭にいれておきましょう!

そもそも猫カフェってどんなところ?

猫

猫カフェは、ご存じのとおり「猫と触れ合える場所」です。

ただひとくちに猫カフェと言っても、形態はさまざま。

  • カフェメニューを楽しみながら猫と触れ合えるところ
  • カフェスペースと猫スペースが完全に分かれているところ
  • 実際に猫を販売しているところ  など…

最近では漫画や雑誌、ドリンクやフードなども充実していたり、充電スペースやWi-Fiが完備されていてパソコンの持ち込みもOKだったりと、まさにカフェのように長時間ゆったりと過ごせる猫カフェも増えています。

「猫のいる空間で仕事をする」
「猫をひざにのせて漫画を読む」など、

猫と触れ合うだけではない、さまざまな楽しみ方ができる場所です。

猫カフェの形態を大きく分けると、次の3つです。

それぞれ簡単に特徴を紹介していきます。

1、スタンダードな猫カフェ

スタンダードな猫カフェは、お店に在籍している猫たちが店内で暮らしています。

そのため、猫の入れ替えが少ないので、次に行ったときにも同じ猫に会えるのが魅力です。

猫カフェナビ

お目当ての推し猫に会うために何度も通う方も多いですよ♡

また最近では、コンセプトがはっきりしている猫カフェも増えています。

特定の種類の猫だけを集めた限定猫カフェや、内装にこだわったおしゃれな猫カフェもあります。

写真映えするところを探してみたり、コンセプトで猫カフェを選ぶのもおすすめです♪

猫カフェについて詳しく紹介しているこちらの記事もどうぞ♪
猫【今さら聞けない】猫カフェってどんなところ?どうやって過ごすの?

2、販売をおこなう猫カフェ

ペットショップやブリーダーが経営している猫カフェに多いタイプです。

猫カフェにいる猫は実際に販売されているので、気に入った猫がいればそのまま購入し、お家で飼うことができます

このタイプの猫カフェのメリットは、飼う前に撫でたり、抱っこをしたり、遊んだり、たくさん触れ合うことで相性をチェックできること。ペットショップとは違い、時間をかけてじっくりお気に入りの子を選ぶことができます。

猫を飼いたい方におすすめの猫カフェです。

ただし、飼うことができる分、猫の入れ替わりは激しいとも言えるでしょう。

3、保護猫カフェ

ここ数年増えているのが、野良猫や地域猫などの保護された猫の里親を募集するタイプの「保護猫カフェ」です。

猫カフェを経営しながら、猫の保護活動をしているだけではなく里親募集をおこなっているところも多いです。

「里親募集」と聞くと、猫を飼えない人は行ってはいけないのかな?と不安に思うかもしれませんね。

もちろん、猫と触れ合うだけのお客様の入店についても、歓迎しているので安心してください。

また保護猫カフェでは、利益の一部を保護猫活動費に当てているので、猫カフェに訪れることで保護猫活動のお手伝いにもなります。

保護猫カフェが気になる方はこちらの記事もチェック
猫保護猫カフェってどんなところ?【猫カフェとの違いは?】

猫カフェの料金システムは?

猫

猫カフェの料金システムは、ほとんどが時間制です。

MEMO
大体ワンドリンク付きで1時間1,000円前後のお店が多い

また、猫カフェによってはお得なフリータイムを用意しているところもあります。

ただしフリータイムは、平日限定のところがほとんどなので、公式HPや入店前に事前に確認するようにしましょう。

ちなみに、猫カフェによっては予約することができる場合もあります。

土日は特に混むので、予約できる猫カフェは、積極的に利用してみてください。

行く前に抑えておきたい基本ルール・マナー10か条

猫

ここからは、猫カフェに行く前に、抑えておきたい基本ルール・マナーを10個紹介します。

周りのお客さんや店員さんから白い目で見られないためにも、猫と遊びなれていない方はチェックしておきましょう!

1、服装はシンプルがベスト

猫と遊んでいると、どうしても猫の爪が出てしまうことがあります。

特にレースや毛糸などの編み込んである素材は爪がひっかかりやすく、服がほどけてしまうこともあるので避けるのが◎

また、黒やグレーなどの暗い色の服は猫の毛が目立ちやすいので、明るめの色の服を選ぶのが良いでしょう。

猫カフェナビ

ナイロンやシルクなどのサラサラした素材は毛がつきにくいのでおすすめです!
▼猫カフェに行く時の服装・注意点のまとめはこちらから
猫猫カフェに行くときの服装は?白い目で見られないための注意点

2、素足は厳禁!足元は靴下を

猫の衛生上、素足での入店はほとんど断られます

猫カフェではいつでもたくさんの猫が暮らしています。日々お客さんの出入りも激しいので、人から猫にウイルスが感染するリスクも高いんです。

1匹でもウイルスにかかると、ほかの猫にも次々と感染してしまうこともあります。外から持ち込まれるウイルスや細菌を未然に防ぐためにも、素足はNG。

必ず清潔な靴下を履いて来店してください。
コーディネート的にどうしても靴下を履きたくない場合は、バッグに入れて持参するのがベストです。

猫カフェナビ

お店によっては靴下を販売していることもありますが、念のため靴下は忘れずに。

また、女性の場合、気を付けたいのはストッキングや薄手のタイツ。

猫の爪がひっかかりやすく、電線する可能性もあるので、なるべく避けるか替えのものを持参することをおすすめします。

▼服装についてもっと詳しく知りたい方はこちら
猫猫カフェに行くときの服装は?白い目で見られないための注意点

3、猫にアロマオイルや香水は危険!

猫カフェに行くときは、アロマオイルや香水はつけるのは絶対にやめてください

猫はニオイにとても敏感です。また、アロマオイルは中毒症状を起こすこともあるので、大変危険です。

MEMO
猫は人間とは違い、アロマオイルの成分を体内で代謝することができません。

人間には落ち着く香りでも、猫にとっては毒になってしまいます。可愛い猫のためにもアロマや香水は控えるようにしましょう。

4、持ち込みのおもちゃ・おやつは基本的にNG

猫と遊ぶおもちゃは、猫カフェが事前に用意してあることがほとんどです。

新品のおもちゃなら持ち込みOKにしている猫カフェもありますが、持っていっても必ず遊んでくれるわけではありません。

猫カフェには、猫が遊び慣れたおもちゃがたくさんあるので、初めて行くときにおもちゃを持参しなくても十分楽しめます。

そして、おやつの持ち込みは基本的にNGです。

人間にとってはおいしい食べ物も、猫にとっては危険なものだったりします。また、室内猫は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です