初めての方向け!猫カフェのルールはこちら>>

【今さら聞けない】猫カフェってどんなところ?どうやって過ごすの?

猫

自由気ままに行動する猫の姿はとてもかわいいもの。

お家では飼えないけど、猫と触れ合いたい!

そんな方におすすめなのが「猫カフェ」です。

最近の猫ブームで猫カフェに興味を持ったけど、実際にはどんなところなのか、いろいろと疑問に思っている方は多いんですよ。

今回は、これから猫カフェに行ってみようと考えている方に向けて、猫カフェとはどんなところなのかをご紹介します。

はじめての猫カフェデビューに向けて、ぜひチェックしてみてくださいね!

そもそも猫カフェとはどんなところ?

猫カフェ

そもそも猫カフェとはどんなところかというと、猫と遊んだり触れ合ったりしながらお茶ができるカフェです。

お店では数匹の猫たちが一緒に暮らしており、猫とのんびり静かに過ごせるのが猫カフェの魅力。

猫カフェは1998年に台湾でオープンしたお店が発祥と言われています。

猫カフェナビ

猫カフェといえば日本のイメージが強いけど、実は台湾発祥なんだね!

日本では、2004年に大阪市北区でオープンした「猫の時間」が”日本初”の猫カフェです。

2004年以降、猫ブームの到来とともに日本各地で続々とさまざまな猫カフェがオープンしています。

猫カフェの種類は大きく分けて2種類

猫カフェは、おおまかに2種類に分けられます。

猫カフェ

  • 猫カフェ血統書付きの猫が多く、遊んだりお茶ができる
  • 保護猫カフェ保護猫がメインで、里親譲渡したりお茶ができる

どちらの猫カフェも猫と触れ合えることには違いありません。

大きな違いといったら「猫の譲渡をしているかどうか」ですが、譲渡をしている猫カフェだとしても、猫を飼うために行くのではなく、ただ猫に会いに行ったり、遊びに行くだけでももちろんOKです!

保護猫カフェでは、利用料金を保護猫の活動資金に充てているところがほとんどなので、ただ遊びに行くだけでも保護猫のためになりますよ。

猫カフェの特徴

オーソドックスな猫カフェでは、ノルウェージャンやマンチカンなどの純血種がメインに在籍しています。

猫は譲渡や販売をしておらず、お店で暮らす猫たちと自由に触れ合ったり、遊んだり、眺めながらお茶をすることができるのが特徴です。

最近は漫画やPC用のワークテーブルがある店舗が増えており、長時間の滞在も可能です。

保護猫カフェの特徴

保護猫カフェでは、野良猫や地域猫などを保護した猫がメインに在籍しています。

保護猫カフェでは、お店で暮らす猫を新しい家族の元へと譲渡する「里親譲渡」を行っているところもあります。(※全てではありません。)

在籍猫全てが譲渡対象ではない場合も多いので、お店によって確認してみましょう!

猫カフェに行くための準備

猫カフェ

猫カフェに最適な服装

猫カフェに行くときに迷いがちなのが、「どんな服装で行けばいいのか」ということ。

基本的に猫カフェではどんな服装で行ってもOKですが、共通してNGなのは「裸足」。

裸足で猫と触れ合うと、猫に悪気がなくても爪で引っ掻かれてしまったり、衛生的にもあまり良くないということで、裸足を禁止している猫カフェがほとんどです。

猫カフェに行くときには必ず靴下を着用するようにしましょう!

猫カフェナビ

猫カフェによっては靴下を販売しているところもあるけど、全てのお店で販売しているわけではないので靴下は必須!

また、猫の抜け毛が服についてしまうことがあるので、汚れてもOKな服がベスト。

また、猫と一緒に遊べるように動きやすい服装だとより楽しめますよ。

 

こちらの記事で、猫カフェに行くときにおすすめな服装を詳しく紹介しているのでぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

猫猫カフェに行くときの服装は?白い目で見られないための注意点

猫カフェに着いたら

猫カフェ

猫カフェに着いたら、まず手洗いと消毒を行います。

1日にいろいろなお客さんと接する猫に菌を移さないためにも、手洗いと消毒はしっかり行いましょう!

カウンターでスタッフさんからお店の注意点を聞いてからようやく入店することができます。

お店によってルールは違うので、しっかり聞くようにしましょう。

猫カフェの料金システム

猫カフェはほとんどが「時間制」(1時間1,000円など)のシステムです。

(※お店によっては最初に入場料を払えば時間無制限で楽しめる「入場料制」や、カフェメニューの注文必須のところもあります。)

POINT!
どこの猫カフェも、だいたい1時間1,000円前後1日たっぷり居ても2,000〜3,000円が相場です。

猫カフェの中には料金に+数100円でドリンクバーの注文が必要となるところもあるので、入店前にチェックしておきましょう。

また、料金の支払いはだいたいが「後払い」ですが、まれに先払いのお店もあります。

猫カフェナビ

時間制のお店では、自分で時間を管理するので気をつけよう!

料金はチェーン展開している大きな猫カフェではクレジットカードや電子マネーでの支払いができるお店もありますが、