初めての方向け!猫カフェのルールはこちら>>

【2021年版】猫カフェ 空陸家 新宿三丁目ジャングル店体験レポート!

空陸家 新宿三丁目ジャングル店の店内

「猫喫茶 空陸家 新宿三丁目ジャングル店」は、新宿駅東南口から徒歩で約7分、新宿三丁目駅から徒歩2分のところにある猫カフェです。

猫カフェという表記ではなく、正式には猫喫茶と表記されます。

猫喫茶 空陸家は全国で猫カフェを運営しているようです。

店内はこじんまりとしていましたが、仕事帰りにアクティブな猫ちゃんに癒されに行くには、最適だと感じました。

この記事では、「猫喫茶 空陸家 新宿三丁目ジャングル店」を紹介していきます。

ペットショップやうさぎカフェと併合した猫カフェ

空陸家 新宿三丁目ジャングル店の外観

世界堂 新宿本店の隣にあるのが「猫喫茶 空陸家」です。

空陸家の面白いポイントは、猫カフェだけでなくペットショップや動物カフェも併設しているところです。

新宿三丁目ジャングル店では、うさぎカフェと併設されています。

うさぎが好きな人でしたら、一緒に楽しむのも良いですね。

猫カフェは3階にありますが、入口はペットショップの入口1つだけです。

そのため、初めての人は、猫カフェがあることに気がつかないでしょう。

猫カフェに行きたい人はペットショップの入り口から入って、受付をする必要がありますよ。

早速、お店に入ってみましょう。

受付は1階の奥にあります。

そこで「猫喫茶 空陸家」の説明を受けましょう。

まずは料金システムの説明です。

そして、空陸家はどの店舗でも安いのが魅力。

30分 650円
60分 1200円
フリータイム 1800円

※税抜き価格

30分650円という破格の値段で楽しめるのはかなり安いですよね。

しかもドリンク代込みの値段です。

ドリンクはワンドリンクではなく、飲み放題なのも魅力的でしょう。

多くの猫カフェが後払い制なのに対して、「空陸家」は先払い制になっています。

最初に30分や60分などの滞在時間を自分で決めます。

今回わたしは60分を選択。

店員さんから店内でのルールが書かれた説明書を一読するように言われます。

ただ、猫カフェに行ったことある人なら当たり前のルールばかりです。

  • 猫ちゃんを持ち上げるのはやめましょう
  • 猫のおやつ以外を与えるのはやめましょう
  • フラッシュ撮影はやめましょう
  • 猫に触る前はアルコール消毒をしましょう

このような注意点が書いてありました。

店員「猫のおやつはいかがなさいますか?」

わたし「あとで買うことってできますか?」

店員「販売しているのが1階だけなので、1階まで降りていただければ可能ですよ。」

空陸家では、以下のような猫のおやつを販売しています。

チャオチュール 300円
猫のアイス 500円

チャオチュールより猫のアイスの方が猫が写真を撮る人にとっておすすめということで、猫のアイスを最初に注文しておきました。

それでは「猫喫茶 空陸家」に入ってみます。

注意
猫カフェは3階にありますが、階段しかないので足が悪い人は注意しましょう

「空陸家」は超アクティブ系猫カフェ

空陸家 新宿三丁目ジャングル店の店内

店内に入ってみると、元気な猫ちゃんがあちらこちらで走り回っています。

入った瞬間から元気な猫ちゃんが3匹くらいいます。

さらに猫ちゃん全員がかなり若いです。

そのためか、落ち着いている猫ちゃんより動き回っている猫ちゃんの方が多いです。

これは猫ちゃんと楽しく遊べそうな気がしますね。

かなり楽しみです。

早速ですが、猫のおもちゃを使って遊んでみましょう。

予想通り猫ちゃんのおもちゃで反応してくれました。

さまざまなおもちゃを使ってみましたが、使うおもちゃによって反応する猫ちゃんも変わってきます。

上の写真の猫ちゃんシュガちゃんは小鳥のおもちゃに食らいついています。

正直このおもちゃだけで20分くらい遊んでいられます。

やはり若い猫ちゃんは反応が素晴らしい。

基本的にアクティブ系の猫ちゃんが多いので、遊ぶ側の体力も必須。

もっとも激しく動き回っていたのは、さんごちゃんです。

「えっ、大丈夫?」というくらいにパワフルに動いています。

ただ、わたしが操る猫のおもちゃには反応してくれないのが残念です。

チョビちゃんは、手足の短いマンチカンです。

マンチカンって本当にかわいいですよね。

人間では手足が短いとダサいとレッテルを貼られますが、猫ちゃんだとかわいいになるんですよね。

チョビちゃんのかわいらしさを感じながらそんなことを思ってしまいました。

チョビちゃんとはおもちゃでたくさん遊びましたよ。

おもちゃで10分ほど楽しんだあとは、飲み放題ドリンクでスッキリしましょう。

ケースの中には冷たい飲み物や温かい飲み物が入っています。

ミニ缶やミニボトルではありますが、いくら飲んでも怒られないのがありがたいですね。

サクッと猫と戯れたい人におすすめの猫カフェ

最初に注文しておいた猫のアイスを1階まで取りに行きます。

猫のアイスは500円と少し高めですが、実際おすすめです。

理由は次の写真を見ればわかります。