初めての方向け!猫カフェのルールはこちら>>

【2021年版】浅草の猫カフェ「空陸家 浅草店」の体験レポート!

浅草の仲見世通りからアーケード街を少し歩くと見えてくるのが猫カフェ「空陸家」です。

浅草駅から徒歩5分ほどのところにあり、ほぼアーケードになっているので、雨に濡れることもありません。

1階がペットショップで4階が猫カフェ「空陸家」です。和テイストの内装と元気いっぱいの猫ちゃんたちとたわむれられる猫カフェですよ。

「空陸家」はペットショップを併設した猫カフェ

空陸家 浅草店外観

「空陸家」は、ペットショップを併設している猫カフェです。
そのために一見ペットショップの主張が強いので、猫カフェということに気付かないかもしれませんね。早速店内に入ってみました。

空陸家 浅草店店内

1階は普通にペットショップになっています。猫カフェは4階ですが、受付は1階で済ませるようです。

店員さんから料金の説明と注意事項を詳しく説明してくれます。

入室料
10分/200円
フリータイム 2,000円
ドリンクバー 350円
※表示金額は税抜き

空陸家では、10分ごとに200円の料金がかかります。
またドリンクに関しては必ず支払う必要があるので、基本料金に+350円になることを覚えておきましょう。
もし長時間いるならフリータイムがお得ですよ。

注意事項ですが、猫カフェでは基本的な以下のようなものです。

  • 持ち上げての抱っこは禁止
  • 猫のおやつ以外を与えること
  • フラッシュを使用しての写真撮影

基本的なものですが、しっかりと頭に入れておきましょう。

店員さんから「猫ちゃんのおやつも販売していますが、ご購入はされますか?」と言われました。
どうやら4階では猫のおやつは購入できないようです。

おやつの種類は以下の2つです。

  • チャルチュール:300円
  • 猫ちゃんアイス:500円

和テイストな内装とはしゃぐ猫ちゃん

空陸家 浅草店店内

店員さんの説明を聞いたら、入館証を渡されます。入館証を持って4階に向かいましょう。

空陸家 浅草店店内

4階には猫カフェの入り口と反対にドリンクバーとロッカーがあります。ロッカーが完備されているのは、とてもありがたいですね。

猫ちゃんだけじゃなく、人間による盗難も防止できます。猫カフェの扉を開くと、消毒液があるので消毒してスリッパに履き替えて入室しましょう。

スリッパに履き替えていると、扉の隙間から猫ちゃんがこちらを見ているではありませんか。どうやらエサを持っているかどうか確認しているみたいですね。

空陸家 浅草店廊下

猫ちゃんを避けながら扉を開けると中は、和を基調とした空間が広がっていましたよ。
のれんの忍の文字がなんとも日本っぽいですね。外国人のお客さんを意識しているのでしょうか?

空陸家 浅草店店内

空陸家には3つの部屋に分かれていて、その内2つが畳です。清潔感もあるため地面に座っても気になりません。

ひとつの畳の部屋ではテレビが置いてあり、映画が放映されていました。

また室内には15匹くらいの猫ちゃんが駆け回っています。わたしが入室したときは、わたしに興味津々で近寄ってきましたが、おやつがないとわかって、こんな表情を浮かべます。

「なんでおやつ持ってないんだよ!」そんな表情を見せるのはぶりちゃんです。目をまん丸に見開いてかわいいですね。

ぜひ寄ってきてくれ!と思い近づくと遠くにどこかへ逃げてしまいました。

遠くから冷たい目を向けているのがまぐろちゃんです。なぜか魚の名前ばかりですね。。。

この子は女の子で、とても美人さんなたたずまいをしています。

周りを見回してみるとゆっくりとしている猫ちゃんがたくさんいました。その中の3匹くらいが常に活発に動いて、周りの猫ちゃんたちに喧嘩を売っていましたよ。

おやつで猫ちゃんの人気を獲得しよう!

普段はあまり猫ちゃんのおやつは買いません。しかしわたしが空陸家に行ったとき他にお客さんがいませんでした。そのため猫ちゃんを全て独り占めしたくなったのです。

空陸家 浅草店のガチャガチャ

猫ちゃんのおやつは4階にも売っています。このガチャガチャのおやつです。

しかしこのおやつはあまり猫ちゃんが寄ってこないんですよね。

そのため1階まで降りて、猫ちゃんのおやつである猫ちゃんアイスを購入しました!すると、、、

空陸家 浅草店のおやつと猫

猫ちゃんたちがわんさかと集まってきました。

さっきまでカメラを怖がっていた猫ちゃんも関係ありません。

猫ちゃんアイスから目を離さずにずっとついてくるではありませんか。

空陸家 浅草店のおやつと猫

なぜか逃げるわたし。それでもずっと追いかけてきます。なんと言いますか、