初めての方向け!猫カフェのルールはこちら>>

【2020年版】猫カフェねこのす千葉東金店体験レポート!【動物カフェ】

東金ICから国道126号線を銚子方面へ15分ほど行くとあるのが、「保護動物カフェねこのす千葉東金店」

街道沿いにあるのですぐ見つかります。

筆者もたまたま見つけたのですが、猫カフェに目がない筆者は気づいたら駐車場にINしていました。


どうやら猫だけではなさそうな雰囲気・・・

さっそく行ってみましょう!

「ねこのす千葉東金店」に潜入!

2019年8月に東金の国道126号線沿いにオープンしたばかりの「ねこのす」。

猫だけでなく、様々な動物がいるので猫カフェというより保護動物カフェですね。

受付で注意事項の説明を受けます。

タイムカードを渡され、入店時と退店時に自分でこのタイムカードを押します。

その後、店内へ!

アメリカ西海岸風の1階犬猫ゾーン

レンガ調のアメリカ西海岸風な店内ですね。

「ねこのす」は2階建てになっており、1階では犬と猫が仲良く暮らしています。

店内に入ると半個室のお部屋がたくさんあるので、まずは自分の席を決めます。

店内の移動は自由ですが、席は一度決めたら動けないそうです。

席にはドリンクを置くカップがくっついています。

このようにドリンクを入れると、猫が来てもこぼれる心配がありません。

このテーブルには先客がいました。

看板犬のサンちゃんです。

おて・おすわり・おかわりができ、呼んだら来てくれる芸達者なおりこうさんです。

店内を散策すると、いたるところに猫がいます。

どこを歩いても猫がいるので、

猫がいなくて全然触れ合えない!なんてことがありません。

各テーブルにまんべんなく猫がいて、

他の猫カフェより猫の数が多い印象です。

このテーブルは猫祭りでした。

 

猫のおやつは500円で販売しています。

もちろん買うよね?

買わないわけないよね?

と鋭いまなざしで無言の圧をかけてきます。

いざお客さんが買おうとすると、2匹揃ってガチャガチャと一緒に顔を動かしてキュート♡

ひととおり犬猫を堪能したので、2階へ行ってみましょう!

様々な動物がいる2階ジャングルゾーン

2階にはコツメカワウソやフクロウ、ナマケモノ、アヒル、ニワトリなど、たくさんの動物がいます。

わぉ!まるでジャングルのような店内です。

2階には席がなく、歩きながら鑑賞するスタイルです。

フクロウが店内のあらゆる所にいるのですが、全然アピールしていないので、

(上写真真ん中にもいます。)

歩くたびに、わ!フクロウいた!ここにもフクロウいた!と数の多さに驚きます。

 

突然ですが、ここで問題です!

 

この写真の中にフクロウは何羽いるでしょうか?

 

正解は

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

 

 

 

7羽です!(おそらく)

 

フクロウがたくさんいる中、筆者のお気に入りはこの子♡

なんか丸っこくて可愛い・・・♡

カメラを向けるとこっちを向いてくれました。きゅーん。

 

奥へ進むと・・・ナマケモノがいました!

ガラス越しですが、間近で見ることができます。

なかなかのスピードで木をよじ登っていきます。

全然怠けていませんw

 

「ねこのす」ではコツメカワウソの握手会を開催しています。

握手会??

と思いながら見に行くと、ちょうどおやつをあげている方がいました。

wwwww

なんとも衝撃的です!

 

小さな穴から必死に手を伸ばすので、写真も躍動感たっぷりです。

両手を伸ばしてる子もw

 

「ねこのす」は動物ごとに様々なおやつを販売しているので、何度もおやつタイムを楽しむことができますよ♪

 

千葉のおすすめ猫カフェをたくさん紹介してます♪
猫【2020年版】千葉県でおすすめの猫カフェ16選!【かわいい猫がたくさん】

 

「ねこのす千葉東金店」のポイント

POINT
  • 猫だけでなく様々な動物と触れ合える
  • 猫がたくさんいるので、必ず触れ合える
  • 色んな動物におやつをあげられる
  • 街道沿いで車でのアクセス抜群

「ねこのす千葉東金店」のシステム

料金は10分200円+税で1ドリンクが付き

2時間以上の課金はなし

500円以上の募金でドリンク飲み放題!

 

「ねこのす千葉東金店」の情報

 

  • 千葉県東金市 東金856-1
  • 国道126号線沿い
  • 営業時間:朝10時~夜8時
  • 定休日:年中無休
  • HP:ねこのす​​